ホーム

『不動産・空間計量研究室』は2007年5月にできた新しい研究室です。
不動産を対象とした学際的な研究と地理的な空間データを使った計量分析・統計分析を研究の大きな二つの柱としたいという願いを込めて「不動産・空間計量研究室」と命名しました。
自由で知的な議論が活発にできる開かれた研究室を目指しています。
企業や他の大学との共同研究プロジェクトも積極的に進めています。
研究室に興味がある方は「希望者へ」もご覧下さい。

研究室概要

『不動産・空間計量研究室』では
以下のようなテーマを中心に研究を行っています。

  • 不動産価格・賃料評価・計量分析
  • 不動産ファイナンス、プロジェクト・ファイナンス
  • 不動産に関する法制度や資格制度についての歴史研究や諸外国との比較研究
  • 空間統計学・空間計量経済学・計量地理学的手法の開発や応用
  • 地理的な空間データの計量分析(土地利用や立地など)
  • 新たな地理情報システムや教授法の開発
  • 不動産業とその関連産業、建設関連産業の歴史・現状分析と今後の展望
  • 位置情報の交通計画への応用

最新情報